鳥瞰図

岩老上空初夏
幌上空秋

画像をクリックするとPDFが表示されます

マークマーク 岩老上空初夏
マークマーク 別苅上空初冬


  平成28年10月16日、再生に取り組み始めて10年が経過しようとするこの日に、全32㎞の増毛山道は、160年前の開鑿時の姿をようやく顕してくれました。

  「自然は子孫からの借り物」という先住民の敬虔な言葉があります。アイヌの人たちが愛した「北蝦夷道(ホッカイドウ)」に、蝦夷地の深い笹道の姿を何時までも遺してあげたいものです。

  全線開通を果たし、国土地理院の地形図にもルートが掲載され、今後は増毛山道を辿る人が増える事が予想されます。今年度以降は、安全対策のため、番号標識の整備と別苅、岩尾、幌の各起点に案内標識の設置を進めます。全通により山道の整備延長が伸び、かつ標高も千m箇所を含み、毎年の整備に増毛山道を利用する皆様に定期的に支援頂く組織を構築する必要に迫られております。山岳団体の皆様におかれましては、協力のほどよろしくお願い申し上げます。

  私たちのガイド付きツアーは、今年は全8回実施の予定ですが、今後独自に山道を散策する方が増えることを予測し、ガイド教本を作成致しました。ご利用下さい。

  この貴重な増毛山道を良質な状態で後世に遺すためには、皆様には会員としてご協力頂けますようお願い申し上げます。

  山道を辿り、森林浴を楽しんで頂くと共に蝦夷地開拓の先祖が厳しい生活環境のもとたくましく暮らしていた地域のなりわいや歴史を体感下さい。

 

 
Copy Right (C)2010 MASHIKESANDO All Right & Reserved.