ホーム > フォトギャラリー > 暑寒別岳の花々

暑寒別岳の花々

暑寒別岳(標高1000m)の高山植物の写真のご紹介です。

暑寒別岳の花々(14)

ウメバチソウ(前出) この写真からは箸別コースが終わり暑寒別岳頂上を経て南暑寒...

暑寒別岳の花々(13)

ミヤマホツツジ(白に近い色) 高さ30cm~1mでホツツジとよく似た小型の落葉...

暑寒別岳の花々(12)

ウラジロナナカマド(裏白七竈) 落葉する低木で高さ1~2m。よく枝わかれし横に...

暑寒別岳の花々(11)

ミヤマハンノキ(深山榛の木)高さ3~10mになるがここのは低木で幹も細く極寒に...

暑寒別岳の花々(10)

標高1300m付近より下方を見る。画面中央よりやや右寄りに2個の沼が見える。2...

暑寒別岳の花々(9)

エゾノホソバトリカブト、チシマフウロ、コガネギク、ヤマハココ等が咲き乱れる。 ...

暑寒別岳の花々(8)

ナガバキタアザミ 少しずつ群生して、頭花には10個ほどでとげのような花弁が放射...

暑寒別岳の花々(7)

エゾシオガマ 葉は互生し三角状の楕円形で縁は深い二重の鋸葉で、花びらは下からま...

暑寒別岳の花々(6)

チシマフウロ このあたりで花が残っているのは少ない。風当たりの少ない場所ではま...

暑寒別岳の花々(5)

チシマフウロ 千島風露の意味です。葉は掌状に深く切れ込み先はとがります。花は茎...

暑寒別岳の花々(4)

ヨツバシオガマ 紫紅色の花が種状の花序の下から、葉と同じように輪になって咲いて...

暑寒別岳の花々(3)

箸別コースは標高1000m~1350mの海風に直接さらされない北東向き斜面が高...

暑寒別岳の花々(2)

シャク サクのなまりとも言われますが枝わかれした茎の上に白い可憐な小さな花が集...

暑寒別岳の花々(1)

標高1000mあたりより、今来た下のルート方向を見る。ガスがかかって上も下も視...